Root6

音楽・映画好きの大学生の雑記ブログ

「君の名は。」を見てきました!ネタバレ無しで感想

f:id:Indigo6:20160829194905p:plain

 

新海誠監督の新作、「君の名は。」を劇場に見に行ってきました。

感想を一言で言うと、見に行って本当に良かった。

 

僕はあまり映画館で映画を見るのが好きではないので、映画はDVDやBDで家で一人で見ることが多いです。そんな僕でも映画館の大きなスクリーンで見て良かったと心の底から思えました。今まで見たアニメ映画の中ではダントツで一番良かったです。

 

同じ映画を劇場に二度見に行ったことは今まで無いですが、もう一度行くか本気で迷っています。

 

そんな衝撃的だった「君のは。」ですが、絶賛すべきポイントは既に多くの方が書いていますので、個人的に少し気になった点を書いていきます。

 

 

RADWIMPSのボーカルが少しくどい

僕はRADWIMPSが嫌いではないのですが、挿入歌のあるシーンが多いため少しくどいなーと感じてしまいました。

 

EDの曲は僕自身かなりグッと来ましたが、ミスマッチなシーンもあったように感じます。

 

RADが好きな人にはたまらないかもしれませんが、気になる人も一定数はいると思います。

 

ストーリーに疑問が残る点がある。

映像の美しさや見せ方、演出は本当に素晴らしかったです。しかし、見てる最中は作品に入り込みすぎて気になりせんでしたが、ストーリーには納得できない点もあるかなと思います。

 

作品の雰囲気には合わないかもしれませんが、もう少し説明があっても良かったかなーと。

 

テンポを失わないためにカタルシスを犠牲にしている

新海誠監督の前作「言の葉の庭」の階段のシーンを見た時は、ずっと貯めこんできた感情が溢れるような感覚を覚えましたが、「君の名は。」では1シーンでここまで強く印象に残るシーンはありませんでした。

 

前作までと違い、2時間近い本作では飽きさせない工夫か鳥肌が立つようなシーンが随所に散りばめられています。僕も中盤からは鳥肌立ちっぱなしでした。

 

しかしその工夫がラストシーンの感動を薄めてしまっているかなとも思えます。

 

おわりに

多くの方が絶賛レビューを書いているので、少し批判的な目線から書いてみました。

 

それでも僕は、この映画が大好きです。

 

スクリーンいっぱいに映し出される美しい画と、さわやかながらも切ない雰囲気はこの映画だけのものだと思います。

 

夏の終わりに、是非劇場に足を運んでみてください。